エナメル質再生法

画期的に歯を強化するやり方です。

虫歯や歯周病の治療を行う前に、歯を強化する「歯の再生治療やり方」をおすすめします。
年齢と一緒に、歯の表面を覆っているカルシウムはいろいろな汚れや臭いがくっつくため、「歯」そのものも臭いの原因となります。

虫歯や歯周病による口臭を良くなるようにしたい方は相談ください。


エナメル質再生治療法「歯の補強治療」に関して:歯の補強と見られますが、フッ素塗布と同じ意味ですか?

異なります。フッ素塗布ではないのです。
歯の表面からカルシウム成分を引き抜いてフッ素イオンと反応して、フッ化カルシウムという微小な結晶を歯の表面につくる働きを担うのがフッ素です。

だけども、この結晶は歯の表面に乗っているだけの状況なので、容易く唾液で流出されてしまいます。

エナメル質再生法は、カルシウム成分を歯の表面から引き抜くことなく、積み木のようなエナメル質と同じの結晶を歯の表面に作ります。

それによって、虫歯の出来やすい大事な部分となるような小さなくぼみや亀裂、初期虫歯のような部分をエナメル質と同質の素材でカバーして、歯を強くします。

フッ素と削らないで歯を増強するという目的においては一緒ですが、歯を増強する理論や効き目はフッ素塗布とは全然違う新しい形式の強化治療法です。

■口臭を押さえると伺いましたが、何回の治療が必要ですか?

普通効き目は3~6ヶ月に1度でも見られますが、虫歯や歯周病がなく、口臭を気にしている方の場合は「3~4ヶ月に1度、季節ごと」にエナメル質の大幅な再生を行うのがベターだと考えています。

歯周病で口臭が深刻な方は、放射光を使った研究で歯そのものもにおいを生み出していることが示されています。
 
そんなわけで、丈夫な成分で歯の表面をカバーすることが、歯周病改善に効き目が見られますので、3~6ヶ月の範囲で期日を決めてエナメル質再生を肝に銘じるのがベターだと考えています。

■歯周病でこのやり方を行った場合、どういった有効性があるのですか?

歯そのものもにおいを生み出していることが歯周病で口臭が深刻な方の場合には多く、これは放射光をつかった研究で示されています。

食物やいろいろな好み品によってまた歯の表面は汚染され、長年の間に少なからず劣化していきます。

そんなわけで、健康かつきれいな新しいエナメル質成分で歯の表面を復活させることは、歯周病の改善にも結びつきます。

皮膚が汚れでかぶれるのと同じ、歯や歯ぐきも一緒です。新しい歯は、清潔で歯肉の健康に貢献します。

■以前に大きな虫歯があるとこの治療法は使えないですか?

大きな虫歯をけずって治療する場合も、その前にこのやり方で虫歯やそのとなりにあった歯を強化した上で普通の虫歯治療を行うほうが、歯と詰め物の隙間から虫歯が進行するのを押さえてて歯を保護します。

■入れ歯をささえている歯には効果見られますか?

入れ歯を入れていると、もちろん口の中は入れ歯でカバーされている面積がひろくなるため、細菌が温かい口の中で繁殖しやすくなっています。

きれいなもので歯の表面をカバーすることで細菌の繁殖しない面積が増加して、口内の衛生状況が改善され、永く入れ歯をきれいに活用できます。

■生後何ヶ月から行えますか?

生まれて1年以内の乳幼児でも行えます。

■普通の虫歯治療開始前に、このエナメル質再生法をお願いすると治療費は別ですか?

普通の虫歯治療とエナメル質再生治療は別の治療法であり、用いる原料なども全然異なります。

そんなわけで、普通の治療にそれに追加料金が生まれてしまいますので、詳細は担当者にお尋ねください。

プラークコントロールという文言を聞けば、歯のブラッシングを想像する人の方が大多数だと見込んでいますが、実際はそのほかにも色々なプラークコントロールの処置が存在するのです。
ドライマウスの患者の多くが感じる不調は、口内がカラカラに乾く、ノドが渇く等が大多数です。重度の場面では、痛み等の不愉快な症状が起こることもあり得るのです。
きちんとした日頃の生活を胸に、唾液からの補修作業をさらに助長するという留意点を読み取った上で、重要な虫歯への備えを重点的に熟慮することが好ましいのです。
歯に付着する歯垢について、どのくらい知っていますか?テレビやCM等でも頻繁に放送される言葉なので、今まで聞いたことがない、などと言うことはほぼないのではないかと思われます。
匂いを気にしていて、洗浄液やガムを頻繁に使用している人は、歯垢を取り除く対策を真っ先に試してください。あの不愉快な口の匂いが和らいでくるはずです。

インフォームド・コンセントの推奨は、患者の病状を間違いなく知ることで、それに向けた治療法に、主体的に努力しましょうという思想にのっとっています。
最近では大勢の人に愛用される事になった、あのキシリトールを含むガムの効能によるむし歯予防策も、そのような研究結果から、作られたものという事ができます。
糖尿病という一面から考究すると、歯周病という病になったがために血糖を調節することが至難で、それを引き金として、残念ながら糖尿病の進展を誘発してしまう懸念も潜考されます。
これまでの入れ歯の悪い点をインプラントを備えつけた入れ歯がフォローします。隙間なく貼り付き、お手入れの簡単な磁気の力を利用したモデルも発売されています。
口腔内が乾くドライマウスは、ストレスが元凶で症状が出るということも多いので、更に今からの時代には、バリバリ働く年代の男性にも症状が出現する可能性は十分にあるのです。

何かを噛むと苦痛を感じる入れ歯、ぴったりはまっていない入れ歯は、それがためにきっちりと噛めずそのまま嚥下してしまう事例が、増加していると報告されています。
ある研究によると、顎関節症という自覚症状を認識していなくても、大体35%ぐらいの人が口を開いたりする場面で、このような音がしているのを気にしていたようです。
口内の様子はもちろんのこと、あらゆる部分の様子も含めて、担当の歯医者と納得いくまで打ち合わせをしてから、インプラントの申込を開始するようにしましょう。
職種に関係なく全ての働く人についても該当することですが例えば歯科衛生士のように患者のいる医療関係の現場に勤めている人は、ことさら格好に気を配らなくてはいけないとみられています。
手入れは、美容歯科に関する施術が遂行され納得のいく出来ばえだとしても、なまけることなくその後も継続しないと元通りに退行してしまいます。